空手を通して

【館長より】

空手道葵會館のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

葵會館の空手は伝統派空手である剛柔流(ごうじゅうりゅう)を
流派としています。剛柔流とは、松涛館流、糸東流、和道流と並ぶ
四大流派の一つであり、「人に打たれず、人打たず、事なきをもと
とするなり」と、つまり戦って勝つだけが目的ではなく
戦わずして目的を達成することを矜持としています。

葵會館では、剛柔流空手を通して生徒に対し「謙虚」「柔和」
「剛勇」な精神を醸成し、自身の目的・目標を達成するために
弛まぬ努力ができる人間になることを目指しています。

 「謙虚」
指導員、上級者の言葉を素直に受け止め、自身の糧とできる心

 「柔和」
道場という小さな社会の中でお互いを尊重し、
        手を差し伸べることができる毅然とした心
 「剛勇」
鍛心磨技の空手道に邁進し、目的・目標を達成するために
              困難に立ち向かうことができる心

剛柔流武道会連合 葵會館 代表 田口淳一